WordPress入門(初級者向け使い方)

ユーザーの追加

管理者による登録

それでは、管理者による新規ユーザー画面を見ていきます。メニュー「ユーザー」→「新規追加」とクリックします。

ユーザー名、メール、パスワード等を入力し、登録を行います。ユーザー名には日本語は使えませんの半角英数字で入力します。パスワードは、Ver.4.3からは、入力しなくても複雑なパスワードが予め設定されているようになりました。「パスワードを表示」とある箇所をクリックすると、その複雑なパスワードを表示できますので、これをコピーして保存するか、別の新しいパスワードを設定します。但し、簡単なパスワードを入力すると、「脆弱なパスワードの使用を確認」というチェックボックスが表示され、そこにチェックをしないと登録ができなくなります。権限グループは、デフォルトの権限グループ(少し下で見ます)が予め選択されています。

以上、管理者がユーザー登録する場合でしたが、管理者自らではなく各ユーザー自身に登録させる方法を次に見ていきます。

ユーザーによる登録

メニュー「設定」→「一般設定」の「メンバーシップ」で、「だれでもユーザー登録ができるようにする」にチェックを付けて保存した上で、登録用のURL(/wp-login.php?action=register)をユーザーに送り、各自に登録してもらいます。ユーザー自ら登録する際には、その下のデフォルトの権限グループで登録されます。

また、だれでも登録できるようにすると、ユーザーログイン画面(/wp-login.php)の左下に登録画面へのリンクが張られるようになります。

また、ウィジェットで「メタ情報」のウィジェットを表示している場合は、そこにもユーザー登録画面へのリンクが表示されます。通常は誰でもユーザー登録できるようにはしないでしょうが、ちょっとしたコミュニティを作りたい時などに役立ちます。

Copyright 2017 WordPress、初心者入門サイト ~ ワードプレスの使い方~ All Rights Reserved.