WordPress入門(初級者向け使い方)

ユーザーとは

今までは、ワードプレスを一人で使う事を想定していましたが、ここでは複数で使う場合を見てみます。

ワードプレスでは、複数の人をユーザー登録させ、彼らに役割を持たせて、複数人で作業することができます。例えば、自分はサイトの機能や外観のみを管理して、他の人に記事を書かせるなどです。更には、記事を書く人とその記事をチェックして公開する人などを分けることもできます。それでは、まずはどのような役割(権限)があるのか、見ていきます。(権限の低い順に)

購読者
投稿を読んだりコメントを書いたりできます。
寄稿者
レビュー待ちの投稿を書くことができます。投稿の公開はすることはできません。画像のアップロードもできません。また、編集者や管理者にレビュー待ちの状態から公開に変更されると、寄稿者は再度その投稿を編集することはできません。
投稿者
自分の投稿のみ管理することができます。画像もアップロードできます。また自分がアップロードした画像は削除できます。自分の投稿に付いたコメントも管理できます。(他の人の分は不可)
編集者
投稿や固定ページに関することなら何でもできます(他ユーザーが書いたものを含め)。カテゴリ、タグ、画像、コメントも管理できます。但しサイトに関する情報、例えばテーマを変更したりはできません。寄稿者によってレビュー待ちとされた投稿は、編集者と管理者のみが、公開処理をすることができます。
管理者
何でもできるユーザーで、あなたがワードプレスを新規に設置した場合、まさにあなたがこの管理者です。管理者のみ、サイトに関する設定(外観の管理、プラグインの管理、ユーザー管理、設定情報の管理)を行えます。新規にユーザーを追加して管理者にすることも可能ですが、そのユーザーがあなたを消すこともできてしまいますので、気を付けましょう。

ユーザー登録していれば、ログインして管理画面を開くことができます。管理画面は、そのユーザーの権限に応じた必要箇所のみ表示されます。権限がない部分に関しては、表示はされません。以下は、購読者でログインした際の管理画面の左側のメニューです。「ダッシュボード」と「プロフィール」のみとなっています。

これだけだと「購読者」の役割がやや微妙に思うかも知れませんが、例えば、コメントをするのにログインを強制している場合などは、購読者を利用することになります。又は、新規の投稿があった際などにメールでお知らせしてほしいユーザーがいる場合で、その目的に合うプラグイン(たとえば、subscribe2)などを入れ、購読者自らどの種類の投稿をメール購読するかを設定させることもできます。

ちなみにワードプレスでは、ブログをマルチサイト化と呼ばれることをすることができ、その際は、権限ももう少し複雑になりますが、本サイトではそこまで触れません。マルチサイト化とは、ワードプレスは1つのみのインストールなのに、複数のブログを持つことができる機能です。AさんやBさんが、それぞれ自分用のブログを持つことができるイメージです。

それでは、新規ユーザーの追加について見て行きましょう。

Copyright 2017 WordPress、初心者入門サイト ~ ワードプレスの使い方~ All Rights Reserved.