WordPress入門(初級者向け使い方)

コメントなどに関する設定

メニュー「設定」→「ディスカッション」とクリックします。この設定画面では、コメント(ピンバック、トラックバックも含む)に関する設定を行います。ピンバックとトラックバックが何か、簡単に説明します。まずは、トラックバックからです。

あなたのサイトで記事を閲覧した人が何かアクション起こす場合、通常「コメント」を残します。しかし中には、その記事を読んで自分が思った事をまた別の記事に書きたい、という人もいます。そこでその人は、記事を書く時に、「私はあなたの記事に刺激されて記事を書きましたよ」という表現を残すために、元の記事に「トラックバック」というのを送ることができます。すると元の記事の下の方には、その新記事のタイトルや本文の一部などがリンク付きで表示されます。これがトラックバックです。これがあるとサイトの閲覧者は、元記事に関係する別の記事を読むことができます。このトラックバックでは手動で相手のトラックバック用URLを指定する必要があります。

一方、ピンバックは、相手の記事に刺激されて自分の記事を書く際に、その自分の記事の中に相手の記事のURLを書くと、ワードプレスが自動でその相手のURLに対して通知を試みてくれるというものです。自動で行われるので、トラックバックより少し楽できます。トラックバックでもピンバックでも、送信した通知を相手側が受け入れるように設定している必要があります。またこれらは共に、スパムに悪用されることが多いため、今は昔ほどは使われていません。ということで、この機能はオフにしておいた方がいいでしょう。それでは個々の設定項目を見ていきます。

投稿のデフォルト設定

「この投稿に含まれるすべてのリンクへの通知を試みる」は、先程説明したピンバックのことで、ピンバックを送る場合は、ここにチェックを付けます。

「他のブログからの通知 (ピンバック・トラックバック) を受け付ける」は、文字通りそのままです。受け付けると、ピンバック・トラックバックは、他のコメントと同様に管理画面のコメント一覧に表示されます。

「新しい投稿へのコメントを許可する」は、これも文字通りですが、新しい投稿に対するコメントを許可する場合にチェックします。これは、非常に大事な設定ですね。ここで気をつけていただきたいのは、あくまでここで設定するのは、「デフォルト」の設定です。通知の受け付けやコメントの許可は、個別の投稿ごとに設定できます。各投稿画面の上部の「表示オプション」で、「ディスカッション」のチェックをオンにすると、個別に設定するフォームが表示されます。

デフォルトの設定を変更しても、過去の投稿は影響を受けませんので、もし過去の分も変更する時は、投稿一覧画面の「一括操作」で「編集」を選択して編集すると早いです。

これ以降見ていくコメント設定は、そもそもコメント自体を許可しなければ、意味を成しません。

他のコメント設定

どの設定項目も、表示内容そのままの内容ですが、一部について補足します。

「XX日以上前の投稿の ~」 … 投稿内容によっては、内容が古くなると、コメントが意味を成さないものもあります。そういう場合、この設定が有効です。不要なスパムを弾く目的でも有効です。

「コメントをXX階層まで ~」 … 返信コメントの階層の深さを指定できます。ここで設定した値に達すると、返信用のリンクが表示されなくなります。

自分宛てのメール通知

こちらも内容そのままですが、それぞれ、コメントが投稿された時にメールを受け取るか否か、モデレーションする必要のあるコメントが登録された時にメールを受け取るか否か、を設定します。

コメント表示条件

上段では、コメントの手動承認を必須にする場合にオンにします。下段では、すでに承認された人(同じ名前とメールアドレス)のコメントは、自動で承認しつつ、それ以外は承認待ちにする設定です。少しややこしいですが、下段にチェックが入っていれば、承認制のコメントになります。共にチェックを外せば、即座にコメントは表示されます。(但し、下で見る設定がされている時は別)

コメントモデレーション

こちらも画面に表示されている内容そのままですが、指定の個数以上のリンクを含む場合や指定の単語を含むコメントは、承認待ちにするための設定です。

コメントブラックリスト

こちらも画面に表示されている内容そのままですが、特定の単語を含む場合は、スパムとして処理するための設定です。

アバター

アバターについては、コメント管理の「アバター」で説明していますが、ここでは、そのアバターの表示について設定します。まず最初の「アバターの表示」では、そもそもアバター画像を表示するか否かを設定します。

「評価による制限」では、アバターを表示するにしても、どのレーティングまでのアバター画像を表示するかを設定します。アバターを登録する人は、レーティングを設定(自己申告)できましたので、そのレーティングで制限されます。

「デフォルトアバター」では、アバター登録をしていない人に対して、どのような画像を表示させるかを設定できます。

「ミステリーマン」「空白」「Gravatar ロゴ」は、固定表示ですが、それ以外の(自動生成)と補足のあるものは、コメントした人のメールアドレスから自動で生成された個々で異なる画像が表示されます。自動生成のアバターを使う利点としては、どのユーザーがどのコメントをしたか、視覚的に分かり易くなる、という事になります。逆に欠点としては、(1)画像がやや微妙、(2)コメントが多いと画像も多くなり表示が重たくなるかも知れない、ということです。特にキャラクター画像は、ものによっては(上記でもそうですが)、微妙な感じにもなります(中には可愛いキャラもあります)。ちなみにこの一覧に表示されるアバターは、あなたのメールアドレスにより生成されるアバターです。

Copyright 2017 WordPress、初心者入門サイト ~ ワードプレスの使い方~ All Rights Reserved.