WordPress入門(初級者向け使い方)

公開の制御

すぐ直前で見た「下書として保存」の下に「ステータス」「公開状態」「公開日時(すぐに公開する)」の3つがあります。これらについて見ていきます。それぞれ、右横にある「編集」リンクのクリックで、編集画面が開きます。なお、この辺の文言は、その投稿の状況によって少し変化してきます。

ステータス

ステータス欄の右側にある「編集」をクリックして、投稿のステータスを選択できます。公開する前は、「下書き」「レビュー待ち」から選択でき、公開済みの時は、更に「公開済み」から選択できます。複数人(後で見ます)でブログを書いている時などで、記事を他のユーザーにレビューしてもらう時には、「レビュー待ち」を選択します。

公開状態(固定表示、パスワード保護)

ここでは、投稿の公開状態を設定できます。結構重要な項目が隠れています。まずは、「公開」「パスワード保護」「非公開」の3択から選択します。

「公開」を選んだ時のそのすぐ下にある「この投稿を先頭に固定表示」にチェックをすると、その投稿を常に一番上に表示させることができます。投稿は通常、時系列に最新のものから表示されるため、古くなってくるとどんどん埋もれていきますが、それを埋もれること無く常に先頭に表示させたいときに便利です。

「パスワード保護」を選択すると、そのすぐ直下にパスワードを入力する欄が表示されますので、任意のパスワードを入力します。するとその投稿は、閲覧の際にパスワードの入力を求められますので、パスワードを知っている人のみ閲覧することができるようになります。

「非公開」を選択すると、文字通り非公開となります。

下記は、固定表示、パスワード保護、非表示を選択した投稿の一覧画面です。

上部に投稿抽出用のリンクが表示されます(「パスワード保護」は、なぜか無し)。

公開日時(予約投稿)

ここでは将来の日時を指定して、その日時以降に公開されるように設定することができます。もし将来の日時ではなく、過去の日時に設定すれば、今日(今)書いている記事を過去に書いたかのようにして公開することもできます。

Copyright 2017 WordPress、初心者入門サイト ~ ワードプレスの使い方~ All Rights Reserved.