WordPress入門(初級者向け使い方)

投稿一覧

ここでは、登録済みの投稿が一覧表示されます。1つ1つ見ていきましょう。

画面左上には「新規追加」のリンクがあります。そのすぐ下には、「すべて」「公開済み」「固定表示」「下書き」「ゴミ箱」などのリンクがあります。これらのクリックで、その状態にある投稿の一覧が表示されます。(もしリンクが表示されていない場合は、それらの状態の投稿が無いからです)

そのすぐ下にある「一括操作」のプルダウンは、投稿に対して一括操作をする為の機能で、左側のチェックボックスにチェックをつけた投稿に対して、一括操作をします。通常は、「編集」「ゴミ箱へ移動」から選択でき、すぐ隣りの「適用」を押すことで適用されます。一括の編集とは、少々分かりにくいかも知れませんが、例えば、一括してカテゴリを付与したり、一括してステータスを更新したりする際などに利用できます。ゴミ箱の一覧画面では、「復元」「完全に削除する」から選択して一括操作できます。

「すべての日付」「カテゴリー指定なし」のプルダウンでは、投稿の年月やカテゴリーで投稿を一覧表示できます。その右上にある入力ボックスで、特定のキーワードで投稿を検索できます。

それでは、実際の投稿の一覧部分を見てみましょう。左から、文字通りではありますが、「タイトル」「作成者」「カテゴリー」「タグ」「コメント」「日時」が一覧表示されています。コメントは、その記事に付いたコメント数を表示しています。未承認のコメントがあれば、赤丸で数が表示されます。そのアイコン部分のクリックで、その投稿のコメント管理画面に飛びます。

各投稿の行にマウスオーバーすると、「編集」「クイック編集」「ゴミ箱へ移動」「表示」がタイトル欄に表示されます。

「編集」のクリックで、その投稿の編集画面に飛びます。「クイック編集」では、本文は編集できないものの、その場で簡易的な情報の変更ができます。「ゴミ箱へ移動」のクリックで、その投稿をゴミ箱へ移動させます。「表示」のクリックで、その投稿の表側画面へ飛びます。まだ下書きの時は、「表示」ではなく、「プレビュー」となります。なおタイトル自体のクリックでも編集画面に飛びますので、編集する時はこちらの方が早いでしょう。

「ゴミ箱」に入れたものは、掃除しない限りそのままゴミ箱に残ってしまいます。ゴミ箱の一覧画面では、「ゴミ箱を空にする」ボタンが表示されますので、そちらのボタンで定期的に掃除しましょう。また、ゴミ箱の一覧では、各投稿のマウスオーバーで、「復元」「完全に削除する」のリンクが表示されます。「復元」で投稿を復活できます。

上部の「表示オプション」で、どの項目を一覧画面に表示させるかを選択できます。また、その枠内にある数字を入力する箇所で、この管理画面一覧で1ページに何件表示するかを指定できます。

Copyright 2017 WordPress、初心者入門サイト ~ ワードプレスの使い方~ All Rights Reserved.