WordPress入門(初級者向け使い方)

エディタを使いこなす

エディタ

ワードプレス標準のエディタについて見ていきます。エディタの入力モードには、「ビジュアル」と「テキスト」の2つがあります。

ビジュアルエディタ

まずは、ビジュアルからです。2段表示されていない時は、上段の一番右側のアイコンをクリックして、2段表示させて下さい。各アイコンにマウスオーバーすれば説明が出てきますが、それぞれ左から以下のようになります。

また、一番右上にある☓のようなアイコンをクリックすると「集中執筆モード」というモードになり、メニューなどが非表示になり、執筆に集中し易くなります。各アイコンの機能を使いこなすには、HTMLの知識が必要ですので、1つ1つここで説明はしませんが、簡単に使い方を見ていきます。まずは、次の手順で入力して下さい。(「Shift+Enter」は、Shiftを押しながら、Enterを押します)

「あああ」「Enter」「いいい」「Enter」「ううう」「Shift+Enter」「えええ」

すると、次のように入力されます。

これは、「あああ」「いいい」「うううえええ」の3つのブロックに分かれています。「ううう」と「えええ」は、改行で分かれていますが、1つのブロックです。つまり、「Enter」でブロック(段落)が分かれ、「Shift+Enter」で、改行を挿入できます。「左寄せ」「中央揃え」「右寄せ」や左下の「段落」のプルダウンなどは、このブロック単位(ブロックごと)に対して効きます。つまり、例えば、「ううう」の行をクリックして、「中央揃え」アイコンをクリックすると、以下のようになります。

「ううう」のみならず、同じブロックの「えええ」も一緒に移動します。それでは次は、ブロック単位ではなく、個別の範囲に対して効く機能を見てみます。先頭の「あ」をマウスで選択して、「テキスト色」で赤色を選択します。すると、次のようになります。

最初の「あ」だけ色が変わりました。このように最初に文字を入力してから、後で対象箇所を選択して装飾することもできますが、文字入力前に「テキスト色」で色を選択してから文字を入力すると、その文字は色付きになります。

「リスト」の作成は、以下のように段落で分かれた部分を選択して、

「番号なし(付き)リスト」をクリックすると、

リスト表示になります。

最後にリンクの張り方を見てみます。まずリンクを張りたい箇所をマウスで選択して、「リンクの挿入/編集」アイコン(クリップ画像)をクリックします。すると、以下のような小窓が下に表示されます。

URLを入力してEnterを押して確定させるか、若しくは右端の歯車アイコンをクリックして、より細かく制御できる画面を開きます。

リンクの挿入/編集用の画面が表示されますので、URL欄に入力するか、または下半分からリンクを張りたい投稿などを選択します。

このようなビジュアルエディタは、WYSIWYG(ウィジウィグ、What You See Is What You Get)エディタなどと呼ばれ、表示のイメージをそのまま確認しながら編集できるものですが、実際の表示(装飾)は、テーマごとのCSS次第でもありますので、ここで装飾したからと言って、必ずしもそれが表側で反映されるとは限りません。

テキストエディタ

こちらは、HTMLをそれなりに知っている人向けのエディタで、HTMLのタグを記入することで編集していきます。ただ、改行や段落を示す<br />や<p>タグは表示されません。その為、HTMLに詳しい方は少し戸惑うことでしょう。テキストエディタでは、改行コード1つ分でHTMLの改行(<br />)、2つ分で段落(<p>)を意味します。

このエディタでは、一部のタグを上部のボタンで挿入できます。例えば、左端の「b」の<strong>タグの場合で見てみます。2通りの挿入方法があり、1つ目は、タグで囲む文字列をマウスで選択して「b」をクリックすると、その文字列がstrongタグで囲まれます。2つ目は、文字列を入力する前に、「b」をクリックします。すると開始タグ<strong>が挿入されます。任意の文字を入力後、再度「b」をクリックすると、今度は終了タグ</strong>が挿入されます。2回目のクリックは、「タグを閉じる」ボタンを使っても同じです。

さて、DreamWeaverなどを使いこなしている上級者の方は、DreamWeaverなどで作成したテーブルのソースを、このエディタに挿入したくなるかも知れません。しかし、改行コードは、HTMLの改行(<br />)を意味するので、そのままソースをコピペしてはダメで、全て1行にして書かないといけないのでは?と思うことでしょう。ですがそこは、流石のワードプレス。テーブルに関しては、改行コードがあってもそこは<br />には変換しません。ですので、そのままコピペすることができます。

Copyright 2017 WordPress、初心者入門サイト ~ ワードプレスの使い方~ All Rights Reserved.