WordPress入門(初級者向け使い方)

プラグインの自動インストール

プラグインとは、簡単に言うと、ワードプレスの機能を強化するちょっとした小さなプログラムの事です。 ワードプレス本体は、万人が必要とする機能のみを提供します。一部の人だけが使うような機能をどんどん搭載して行くと、プログラム本体が肥大化してメンテナンスできなくなってしまいます。そこで、プラグインという仕組みを使い、ワードプレス本体は、コンパクトに抑えつつ、必要な人が必要な機能(プラグイン)をインストールして、機能拡張することができるようになっています。

プラグインは、世界中のあらゆる人によって作成されています。配布場所は、ワードプレスのプラグイン公式配布サイト(https://wordpress.org/plugins/)で配布されていますが、それ以外でも各々が独自の場所で配布しています。有料のプラグインなどであれば、各会社のホームページから配布していることもあるでしょう。

新規追加

さて、それでは早速プラグインのインストール方法について見ていきます。その前に何のプラグインをインストールするか?という話になりますが、Googleなどの検索エンジンで「ワードプレス プラグイン」で検索すると、各ブロガーさんのお勧めプラグインが、沢山出てきます。それらの記事を参考にしたり、本家公式配布サイト(英語)で検索する方法もあります。何はともあれ、まずはプラグインの新規追加画面を開いてみましょう。メニュー「プラグイン」→「新規追加」と辿ります。

上部のナビゲーションは、以下の内容になります。

また、画面の下部では、人気のプラグインのキーワードがタグクラウド(人気のもの程、大きな文字)形式で表示されています。

インストール

では、実際にプラグインをインストールしてみましょう。ここでは、「Contact Form 7」という問い合わせフォームを簡単に作れる人気のプラグインをインストールしていきます。「検索」で、「Contact Form 7」で検索すると、以下のような結果が表示されます。

目的のプラグインが、一番左上に表示されました。「詳細情報」をクリックしてみましょう。

このプラグインの作者は日本人の方です。「インストール」「スクリーンショット」「更新履歴」「FAQ」などにも目を通します。そして、右側の枠部分も必ず確認します。

「最終更新」「WordPress の必須バージョン」「対応する最新バージョン」「評価」などもしっかりチェックします。最終更新日が古いものには、やや注意が必要かも知れません。そもそも2年以上前の場合、画面に警告が表示されます。「対応する最新バージョン」は、自分のワードプレスより少し古くても、まだ動作確認がされていないだけで、問題無く動くことも多いです。では、このプラグインをインストールして見ましょう。

ワードプレスでのプラグインのインストール方法は、数クリックで済む簡単な方法とどんな場合でも対応できる手動で行う方法があります。大衆向けのレンタルサーバであれば、数クリックの簡単な方法でインストールできる事でしょう。まずは、簡単な方法から見ていきます。

Copyright 2017 WordPress、初心者入門サイト ~ ワードプレスの使い方~ All Rights Reserved.