WordPress入門(初級者向け使い方)

ウィジェットを操る

メニュー「外観」→「ウィジェット」で開きます。ウィジェットとは、サイドバーやヘッダー又はフッターなどに表示する情報ボックスです。例えば、カテゴリー一覧、メニュー、最新のコメント一覧などがあり、閲覧者のナビゲーションをサポートします。テーマによって表示される場所(サイドバーなのかヘッダーなのか)や、その場所の数が異なります。また、インストールしたプラグインによって、使用できるウィジェットが追加されたりします。

ウィジェットの管理画面では、左側に「利用できるウィジェット」、右側にそのウィジェットの配置場所があります。Twenty Sixttenの場合、「サイドバー」「コンテンツ下1」「コンテンツ下2」の3つのエリアにウィジェットを配置できます。ウィジェットは、同じエリア又は異なるエリアに同じウィジェットを複数配置することもできます。

ウィジェットの追加は、利用できるウィジェットから、各ウィジェットを右側のエリアにドラッグ&ドロップするのみです。配置可能エリアに入ると薄い点線が表示されますので、そこでドロップします。若しくは(バージョンが古くなければ)ドラッグ&ドロップでなくても、利用したいウィジェットのタイトル部分をクリックし、表示されたエリア一覧から表示したいエリアをクリックし、「ウィジェットを追加」ボタンを押せば、追加できます(下図)。配置すると同時に、即座に表側には反映されます。

サイドバーを見ると、既に幾つかウィジェットが配置されている状態になっています。これらの各タイトル行のドラッグ&ドロップで、順番を変更することができます。幾つか順番を入れ替えして、表側で表示を確認してみてください。また、他のウィジェットの表示エリアに移動することもできます。

配置した各ウィジェットのタイトル部分をクリックすると、各ウィジェットに応じた設定画面が表示されます。

どのウィジェットでも、必ず「タイトル」欄は、あります。このタイトル欄に入力した値は、表側でウィジェットの上部に表示されます。何も入力しなければ、デフォルトのものが表示されます。この設定の変更の場合は、必ず「保存」をクリックします。また、そのウィジェットを削除する場合は、「削除」をクリックします。若しくは、そのウィジェットを左側の「利用できるウィジェット」のどこかにドラッグ&ドロップすれば削除できます。

左下をよくよく見ますと、もう1つ「使用停止中のウィジェット」という箇所があります。これは、使用中のウィジェットの設定を残しつつ、一旦ウィジェットを非表示(停止)にしたい時に、この「使用停止中のウィジェット」にドラッグ&ドロップします。そして後日、再度同じ設定でウィジェットを使いたくなったら、この場所からウィジェットの表示エリアにドロップ&ドロップすれば戻ります。

なお、例えば、「Twenty Sixtten」のテーマを使っていて幾つかウィジェットを追加していたのに、後日、別のテーマに乗り換えた場合、それまで追加していたウィジェットは、この「使用停止中のウィジェット」に移動されています。必要に応じて、新テーマでも配置し直して下さい。また元の「Twenty Sixtten」に戻れば、その時のウィジェットが復元されていることでしょう。

各ウィジェットについては、簡単な説明が書かれていますので、ここでは1つ1つは見ませんが、「テキスト」ウィジェットについて、補足しておきます。このウィジェットは、説明にもある通り、任意のテキストやHTMLを入力できます。つまり、使い方はあなた次第です。例えば、アフィリエイト広告用のタグを貼り付けるという事もできます。是非、色々活用してみてください。「カスタムメニュー」用のウィジェットもありますが、このカスタムメニューについては、すぐ後に説明します。

Copyright 2017 WordPress、初心者入門サイト ~ ワードプレスの使い方~ All Rights Reserved.