WordPress入門(初級者向け使い方)

テーマを変更する

テーマとは、ブログの見た目をガラリと変えるためのものです。ブログの表面は、HTML、CSSなどで構成されており、それがブラウザに表示されますが、そのHTMLやCSS一式をガラリと入れ替えてしまうイメージです。テーマを他のものに切り替えても、もちろん今まで書いたブログや記事などの情報は、そのままです。

テーマは、画像、CSS、JavaScript、そしてHTMLを生成するためのPHPファイルなどで構成されています。特にPHPファイルは、テンプレート(テンプレートファイル)と呼ばれています。他のブログシステムによっては、ワードプレスで言う所のテーマをテンプレートと呼んだりしています。

テーマは、ワードプレスの公式配布サイトから無料で入手できますし、それ以外にもインターネット上のあらゆる場所で入手することができます。公式サイトはレビューチームによりチェックされていますので、信頼を置けますが、それ以外のネット上から入手する際は、注意を要します。無料で信頼性が無いものは、辞めておくべきでしょう。悪意のあるコードが仕込まれているおそれもあります。基本的にそういうものは、「自己責任」での利用になります。有料のものは、信頼性も上がります。いずれにしても他の人の評価・評判なども参考にしましょう。

テーマは、ファイル一式が1つのフォルダに格納され、それがZIPで圧縮されたものが配布されています。公式サイトから配布されているものであれば、ワードプレスの管理画面内からインストールすることができます。それ以外の場所から入手する際は、ZIPファイルを入手することになります。

テーマの変更

まずは、テーマを入手する前に、インストール済みのテーマで切り替えてみましょう。「外観」→「テーマ」を開くと、現在既にインストールされているテーマが表示されます。

ワードプレスVer. 4.5では、Twenty Sixteenがデフォルトで有効になっています。現在有効になっているテーマが、一番左上に配置されます。これをTwenty Fourteenに変更してみましょう。しかし、その前に一度プレビューしてみましょう。Twenty Fourteenにマウスオーバすると、その右下にボタンが表示されます。その右下にある「ライブプレビュー」ボタンを押しましょう。すると、実際のブログの記事が反映されたリアルなプレビュー(まさにライブなプレビュー)が表示されます。プレビュー中、画面左側のパネルで設定を変更して、リアルタイムに表示を確認できます。気に入ったら、そのままこのテンプレートを「保存して有効化」することもできます。(この左側部分は、少し後の「カスタマイズ」で軽く説明します)

ここでやや注意なのは、Twenty Frouteenのようにレスポンシブ(=ブラウザの横幅に応じてレイアウトが変わる)に対応したテーマの場合、この左側部分が幅を占領する為にコンテンツ部分の表示幅が狭くなり、場合によってはPCではなくスマホ用のレイアウトでのプレビュー表示になるかも知れません。そんな時は、ブラウザの幅を広げるか(広げられる場合)、又はブラウザの表示率を縮小して、確認してみてください。若しくは、画面左下の「折りたたむ」とある所をクリックして、左側のパネルを折りたたんで下さい。(同じ場所を押して、また元に戻せます)

プレビュー画面の左上にある「保存して有効化」をクリックして、このテーマを有効化しましょう。先程の一覧画面の「有効化」からも有効化できます。そしたら、表側サイトを表示して、画面が変わっているのを確認して下さい。

先程のテーマの一覧画面で、「ライブプレビュー」ではなく、「テーマ詳細」の方をクリックすると、そのテーマに関する概要がサムネイルと共に表示されます。

左上の矢印で別のテーマに移動することもできますし、下部のボタンで、「有効化」「ライブプレビュー」「(このテーマの)削除」することができます。画面右上の「☓」のクリックで画面を閉じます。

Copyright 2017 WordPress、初心者入門サイト ~ ワードプレスの使い方~ All Rights Reserved.